手がガサガサ…アルコール消毒による乾燥への対策とは?

アルコール消毒

新型コロナウイルスの流行により、これまで以上に手洗いやアルコール消毒を入念にするようになった人は多いでしょう。これまでであれば水洗いで済ませていたのに、毎回石鹸で洗うようになった、なんて人もいるのではないでしょうか。

感染予防として、手洗いやうがいといった基本的な対策は有効だとされています。しかし、頻繁な手洗いやアルコール消毒は、別のトラブルを引き起こすことも。本記事では、手洗い・アルコール消毒による手指の乾燥トラブルについて説明します。

頻繁なアルコール消毒は手の脂分を奪ってしまう

感染予防のため、現在はオフィスビルやスーパーマーケット、ショッピングモールなど、さまざまな屋外施設の出入り口にアルコール消毒が設けられるようになりました。アルコール消毒は入退店両方で行うことが有効なため、頻繁に行っている人もいるでしょう。

アルコールは、手の消毒としては有効です。しかし、その一方で皮膚の脂分まで奪ってしまうため、乾燥しやすくなってしまうデメリットもあります。石鹸による手洗いも、肌の乾燥をもたらす原因のひとつです。洗浄力の高い殺菌剤の入っている石鹸であればあるほど、本来皮膚表面に必要な皮脂まで取り除きすぎてしまう場合があります。

そのため、こまめな石鹸による手洗いと頻繁なアルコール消毒を行う現在は、手の皮膚にとってはダメージを受けやすい状況だといえるのです。

手の皮膚が乾燥する際、現れる症状には以下が挙げられます。

  • 皮膚のがさつき
  • 手の甲の赤さ
  • 指の股のかゆみ
  • ささくれ
  • あかぎれ
  • 二枚爪

手の乾燥への対策とは?

手の乾燥トラブルはどうしても気になりますが、石鹸での手洗いやアルコール消毒自体をやめるわけにはいきません。

では、トラブルを最小限に抑えるにはどのような対策を心掛ければよいでしょうか。

1.こまめな保湿ケア

保湿成分を含むハンドクリームをこまめに塗りましょう。出先でも塗れるようにカバンに携帯し、手洗い後に塗る習慣をつけておくといいですね。塗る際は、サッと表面に塗るのではなく、しっかり肌になじませるように塗りましょう。爪の保湿ケアには、ネイルオイルもおすすめです。
風呂上がりなど、時間があるときには、スペシャルケアとしてハンドパックを取り入れてみても。日頃から保湿ケアを継続することが、バリア機能の保持に役立ちます。

2.手洗いの水温に注意

夏場は基本的に水で手洗いをするため、該当する人は少ないでしょうが、高温のお湯は皮脂を奪い取ってしまうため、乾燥の原因になります。お湯を使う際はぬるま湯で洗いましょう。冷たい水も手の血行を悪化させるため、自宅での水仕事や手洗いはぬるま湯がベストです。また、手を洗う際は、皮膚をこすりすぎないように洗うよう心がけましょう。

3.手洗い後の水分はしっかり拭う

手洗い後は、水分をしっかり拭きましょう。最近は感染予防のために使用不可になっているところが多いハンドドライヤーも、温風の場合は指先の乾燥を引き起こします。ふだんからハンドタオルを持ち歩く習慣を付けましょう。吸水性の良いものを使い、こすらないようにやさしく拭うのがポイントです。

4.水仕事を行う際はゴム手袋を

食器洗いや掃除を行う際は、ゴム手袋で手指を保護しましょう。手荒れが強い場合や、ゴム手袋で皮膚がかぶれやすい人は、綿の手袋をはめた上からゴム手袋をつけるといいでしょう。

まとめ

一度肌荒れを起こしてバリア機能が損なわれてしまうと、手荒れがクセづいてしまうことも。洗面所やキッチン、外出用のカバンにそれぞれハンドクリームを用意しておき、手洗い、消毒後に保湿する習慣をつけたいものですね。なお、消毒後に塗る際は、アルコールが乾いてから塗るようにしましょう。

感染予防対策と同時に、スベスベの手を保つためのケアも取り入れてみてくださいね。