冷え性対策!半身浴の効果をアップさせる方法とは?

半身浴

みなさんは、半身浴をすることで得られるメリットについて知っていますか?

夏場は気温が高いため、シャワーで済ませていた方もいるでしょう。しかし、湯船に浸かることは、疲労回復や冷え性防止など、身体にいいこともたくさんあるのです。

特に秋から冬にかけて気温が下がるこれからは、湯船にゆっくり浸かりやすくなるもの。そこで、今回はより身体にいい効果のある「半身浴」について説明します。

あなたは正しい半身浴の方法を知っていますか?

「半身浴」と聞いて、どのような入浴方法をイメージしますか?名前の通り、下半身のみが湯に浸かっていればそれでいいと思っている方もいるのではないでしょうか。 冷え性対策や基礎代謝向上によるダイエット効果、むくみの改善など、正しく半身浴を楽しむことで期待できるメリットはたくさんあります。せっかく半身浴を楽しむなら、正しい方法を知って取り入れることがおすすめです。

正しい半身浴方法はこちら

正しい半身浴方法は、以下の3ステップです。

お湯の温度は38~40度

半身浴を行う場合の湯温は、38~40度が適温です。通常時よりも低めですね。半身浴は、じっくり浸かることで体の深部から温まるため、低めの温度が適しているのです。

入浴時間の目安は20~30分

半身浴の入浴時間の目安は、20~30分です。ただし、これはあくまでも目安。汗をかくまでの時間や体力は個人差があるため、20分に満たない時間であっても切り上げても問題ありません。判断の目安は、上半身にじんわりと汗をかき、しっかり温まったと感じられている状態です。
反対に、長時間の入浴は体力消耗やのぼせ、脱水を起こす危険性があります。温泉やサウナでも途中休憩を挟むように、一度湯船から出て身体を冷ます、水を飲むなど小休止を挟みましょう。
なお、長く入浴していると、肌の乾燥にも繋がります。保湿ケアを入念にするなど、工夫しましょう 。

半身浴を楽しむコツ

もっと半身浴を心地よく楽しむために、4つのコツを紹介します。

浴室を温めておく

秋冬時期は、浴室の温度がかなり低くなるものです。代謝を促進するためにも、また半身浴中に上半身が冷えて風邪を引くことを防止するためにも、浴室の温度にも気を配ることをおすすめします。 浴室に暖房機が付いている場合は、26~28度に設定し、温めておきましょう。浴室暖房機がない場合は、風呂が沸いたあとしばらくふたを開けておいたり、シャワーを使ったりして、入浴前に浴室内を温めておくと良いでしょう。

お風呂のふたを活用する

20分程度浸かっている間に、湯船の温度はどんどん下がってしまいます。身体が出ているところ以外はふたで覆うことで、温度の低下を防げます。

追い炊きが付いている風呂の場合も、ふたをしておくことで、半身浴中に防水スマホで動画を見たり、本を読んだりと別の楽しみ方も可能になりますよ。

上半身が冷える場合はタオルを使う

上半身に冷えを感じる場合は、温めたタオルを肩からかけるなど、保温しましょう。

のぼせやすい人は冷たいタオルを使う

反対に、どうしても短時間でのぼせてしまう人は、水で冷やしたタオルを使い、頭や首元を冷やしてみましょう。

半身浴の注意点とは

食後すぐやアルコールを摂取したあとの半身浴は、温泉や通常の入浴と同様控えましょう。長時間の半身浴は、脱水の恐れがあるほか、肌の乾燥の原因にもなります。適切に水分補給を行う、保湿入浴剤の利用、入浴後に保湿ケアを行うなど、工夫しましょう。

ちょっぴりの工夫で、おうちのバスタイムをもっと楽しく。正しい方法で、半身浴を楽しんでみてくださいね。