【もう花粉で悩みたくない!】2020年、気楽に出来る花粉症対策をご紹介

毎年花粉に苦しむ理由って…?

花粉症とは、花粉に対して起きるアレルギー反応のこと。

体の免疫機能が花粉に過剰に反応することで、さまざまな症状として現れてきます。

つまり、花粉症の時に辛い【くしゃみ・鼻水・涙】などの症状は、体が花粉を外に追い出そうとしているためなんです…!

花粉症は、鼻詰まりや目のかゆみだけでなく、のどや皮膚のかゆみ、下痢や食欲の減衰などを引き起こすことも ・・・。

そして花粉症を引き起こす花粉は、日本国内だけで実は何十種類にも上ります。

代表的なもので言えば、スギ花粉ヒノキ花粉イネ花粉など…。

複数の花粉にアレルギーを持っている人は、特に大変です。

症状がひどい方は、ほとんど一年中、花粉症に悩み続けているなんて方も。

そこで今回は、少しでもラクに花粉症の季節を乗り切りきるために、薬以外で気軽にできる花粉症対策をまとめてみました!

日常生活で気軽に花粉症対策!

◎外出時

気楽にできる対策としては、なるべく体内に花粉を入れないこと。

そのためには、しっかりと顔に合ったサイズのマスクをつける必要があります。

特に花粉症用のマスクを使用することで、8割もの侵入防止効果が期待されるとのこと。

また、花粉症用のゴーグルを使って目の粘膜に花粉が触れないようにするのも効果的です!

◎帰宅時

花粉症を悪化させないためには、家の中に花粉を持ち込まないことも大切。

玄関に入る前にコートやズボンを払って、付着した花粉を落としてから家に入るようにしましょう。

各社から販売されている花粉を落とすスプレーを使用してもいいですね。

同じ理由で、空気清浄機を使っている場合は、帰宅後、強めに設定して空気を綺麗にしておくとGOODです!

また、マスクや眼鏡を使って対策しても少量の花粉はどうしても吸い込んでしまうもの。

帰宅後は、鼻の粘膜にくっついた花粉を洗い流すために、鼻うがいを試してみましょう。

水道水を使用すると鼻の奥がツーンとしてしまいますが、1リットルの水に対して9g程度の食塩を混ぜた食塩水を使うと痛くなりません。

作るのが面倒な場合は、薬局などで鼻うがい用の液剤を購入してもいいですね!

◎食事

蓮根

毎日輪切りで3つほど食べると、2週間ほどで花粉のアレルギー反応を抑える効果が期待出来ます。

蓮根は焼いて食べたり、味噌汁やポタージュにしてもいいですよ。

ヨーグルト

毎日輪切りで3つほど食べると、2週間ほどで花粉のアレルギー反応を抑える効果が期待出来ます。

蓮根は焼いて食べたり、味噌汁やポタージュにしてもいいですよ。

甜茶

“舌に甘いお茶”と書く「甜茶」は、文字通り甘くて飲みやすいお茶です。

甜茶に含まれるポリフェノールが花粉症のアレルギー症状を抑えてくれるということが、研究で判明しています。

毎日の水分補給を置き換えたり、ティータイムのお茶を甜茶にするだけなので、気楽にできちゃいますね。

上記のものを複数掛け合わせることで、さらに効果が期待できますよ!

以上、気楽に出来る花粉症対策をご紹介しました。

花粉症の薬を飲んでいる人も、普段の生活にちょっぴり気をつけるだけで劇的に症状が改善することもしばしば。

どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。