YouTuberを始めようと思っている人必見!機材や編集、広告収入について徹底解説!

近年すっかり浸透してきた「YouTuber」。

将来なりたい職業ランキングにもランクインしている全く新しい職業として、今注目を集めています。

好きなことを自由に表現でき、そして人気が出ればたくさんのリスナーに支持してもらえる華やかさから「私も動画配信をやってみたい!」と思う方も少なからずいるのではないでしょうか。

「YouTuberに興味はあるけれど、何から始めたらいいの?」

「動画の編集って難しそう…」

「そもそも、本当に稼げるものなの?」

本記事では、こうした気になるYouTuberにまつわるあれこれについて解説していきます。

人気YouTuberにはどんな人がいるのか

まずは、YouTuberでどのような人が人気を集めているのか、

特に有名といわれるトップYouTuberを見ていきましょう。

■HIKAKIN

YouTuberという単語を日本中に広めたパイオニア的存在。

話題の人気商品や珍しいアイテム紹介といった軽い内容のものから、検証企画・ゲーム実況・ヒューマンビートボックスなど、とても幅広いジャンルの動画を配信しており、老若男女問わず大人気。

最近では地上波のテレビ番組やイベントにも出演するようになり、YouTubeを普段あまり見ない人にも認知されるようになっています。

https://www.youtube.com/user/HikakinTV

■はじめしゃちょー

はじめしゃちょーさんも人気YouTuberのひとり。

ゲーム実況や実験、ドッキリなどといった面白系の動画を、3つのチャンネルで配信しています。

企業とタイアップした動画を多く作っている点も特徴です。

https://www.youtube.com/user/0214mex

■しばなん

しばゆーさんと妻のあやなんさんによる「しばなんチャンネル」では、育児系や「やってみた」系を多く発信。

結婚前から動画の投稿を行っているため、プロポーズや結婚式、妊娠出産とふたりの歴史がそのまま動画コンテンツになっています。

https://www.youtube.com/channel/UColoXxvhfz54o0icqQRPzYw

■こばしり。

美容系YouTuberとして人気のこばしり。さんは、なんとあのGLAYのTERUさんの娘さん。

可愛らしい顔立ちをしており、メイク法やコスメ・スキンケアなどをわかりやすく紹介してくれるので、特に同世代の女性から圧倒的な支持を得ているようです。

https://www.youtube.com/channel/UC4GMLPKC8TgfW1BtJ-0vf-Q

その他にも、料理やライフスタイル、フィットネスなど、あらゆるジャンルで数多くのYouTuberが活動しています。

始めるには何が必要?

YouTuberとしての活動を始めるには、作った動画を配信するためのYouTubeチャンネルと動画を作るための機材が必要です。

ただ、機材はいきなり高額のものを買わなくてもOK。

自撮り棒や三脚といった固定するものとカメラさえあれば始められます。

カメラはスマートフォンでもOKです。

まずは手持ちのものや安価なものでチャレンジしてみて、そこから動画撮影に向いたカメラの購入を検討してもよいでしょう。

もうひとつ必要となるのが、撮影した動画をコンテンツにするための編集ソフトです。

不要なシーンをカットしたり、テロップを入れたりするためのものですね。

こちらも無料ソフトがありますが、今後継続して作り続けるのであれば、使いやすさや機能が優秀な有料ソフトの購入がおすすめです。

ちなみに、MacユーザーのYouTuberに人気の編集ソフトは「Final Cut Pro X」。

使い方を説明している動画もありますよ。

どれくらい稼げるの?

YouTubeで収益を得るためには、YouTube パートナー プログラム(YPP)に申し込み、収益化を認められなければなりません。

自分のチャンネルにある「その他の設定」から「収益化」をクリックし、申請を行いましょう。

なお、収益化の基準はチャンネル登録者数1,000人以上、過去12ヵ月の総再生時間4,000時間以上です。

そのため、チャンネル開設後すぐに稼げるようになるわけではなく、それなりの実績が必要になります。

審査期間には個人差があり、1週間程度から1ヵ月まで、人によってさまざまです。

そして、気になるのが実際にどれぐらい稼げるのか。

これについては、結局のところチャンネル登録者数や再生数といった数をどれぐらい確保できるのかによって変動しますが、平均年収は約800万円といわれています。

ただし、この800万円という数字は動画再生回数ランキング100位の人の推定年収なので、実際に稼げている人はごくわずかということになります。

しかも、自らの収入額を具体的に公表することはYouTubeの規約上NGとされていますので、具体的な金額を知ることは現状とても難しいのです。

とはいえ、自分の好きなことで収入を得ることができるYouTuberという働き方は、これからますます発展していくことが予想されます。 より広がりを見せるYouTube界隈に、あなたも得意なことを活かしてチャレンジしてみてはいかがですか?