【あなたは大丈夫?】コロナ時代の熱中症対策

マスク

新型コロナウイルスの流行を受け、「新しい生活様式」の実践が求められています。新しい生活様式の基本は、「身体的距離の確保(ソーシャルディスタンス)」「マスクの着用」「手洗いうがい」「3密(密集・密接・密閉)を避ける」。

このうち、マスクの着用は、高温多湿である夏場の日本において熱中症に繋がるリスクも抱えています。ただでさえ酷暑の日本。本記事では、コロナ時代における熱中症対策について紹介します。

マスクをしていると熱中症になりやすい?

新型コロナウイルスの流行を受け、人がいる場所へ出かける際には季節を問わずマスクを身に着けるようになりました。

うつらない・うつさないためにマスクは有効です。しかし、その一方で熱中症リスクを高める一因になると指摘されています。実際に気温の高い日にマスクを着用して出歩き、いつも以上に暑さを感じた人もいるのではないでしょうか。 マスクを着用しているときには、呼吸で熱を放出しづらくなり、熱が体内にこもりがちになります。また、湿気で口の中が常に湿っているため、のどの渇きを自覚しづらくなる点も熱中症リスクの上昇に繋がっているのです。

コロナ時代の熱中症対策で意識すべきこととは?

屋外でのマスク着用時の注意点

マスクの着用が必要な理由は、飛沫による感染防止です。そのため、屋外で人と2メートル以上離れられる場所ではマスクを外しましょう。 マスクを着用している間は、激しい運動や強い負荷のかかる作業は控えます。また、のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分を補給することも大切です。人と離れてマスクを外す時間を設けることも必要です。ファスナー付きビニールケースなど、外したマスクを入れられるものも持ち歩いておくと、休憩時や水分補給時に便利ですよ。

エアコン使用時の注意点

注意したい点は屋外だけではありません。新型コロナウイルスの感染予防のためには、定期的に換気を行う必要があります。家庭用エアコンは、一般的に換気機能がついていないため、換気扇や一部窓の開放を行いましょう。そのため、エアコンの設定温度を通常時より下げるといった調整も必要です。

外出時間帯や服装にも工夫を

暑くなりそうな日、真昼時の外出は、できるだけ避けましょう。また、服装にも留意し、涼しい服装を心がけます。日傘、または冷却機能の付いたタオルや携帯用扇風機といったグッズを活用するのもひとつの手です。

まとめ

「何が何でもマスクを付けなければならない」わけではありません。あくまでもマスクは飛沫感染を防ぐことを目的としているため、近くに人がいない状況であれば外して過ごしても良いのです。

また、これはコロナ時代に限った話ではありませんが、身体が暑さに慣れていない状況、睡眠不足等体調が万全ではない状況では熱中症リスクが上昇します。日頃から体調を整え、疲れが溜まっているときにはしっかり休むようにしましょう。 なお、高齢者や子ども、障害者の方は平素から熱中症になりやすい傾向があります。本人が注意するだけではなく、周囲の人も気配り目配りを意識したいですね。