モノに振り回される生活をやめたい!整理整頓の始め方

モノが多い部屋は、何だかごちゃついた印象を抱かせるもの。

必要なものがすぐに見つからなかったり、家に帰ってくるとモノが溢れて息苦しい…

知らず知らずのうちにストレスの原因になっているかもしれません。

シンプルに暮らしたいけれど、なかなかすっきりした部屋にならない…。

そんなお片付けが苦手なあなたもすぐに始められる整理整頓のコツをご紹介します。

乱雑なお部屋はストレスの原因にも…

買いものでストレス発散をしてしまうことや、ファッション好きでついつい服を買い込んでしまうこと、ありませんか?

ネットショッピングの広がりもあり、わたしたちの生活には常にモノがあふれています。

そんな時、ごちゃごちゃしている部屋では、なかなか心の底からリラックスできません。

「今から遊びに来る?」と言えない部屋だということに、コンプレックスを感じている…なんていう人もいるのではないでしょうか。

片付けたい。

なのに、どうしたらいいかわからない。

「片付けられない」という思いを抱いてしまうと、さらに気持ちも下降気味に…。 そんなあなたに、片づけを始める最初の一歩の踏み出し方を紹介します。

整理整頓のスタートはカテゴリ分け

あまりにもモノが増えすぎてしまうと、片付けの取っ掛かりも見つけられなくなってしまいます。

そこで、まずは大量のモノをカテゴリに分けることから始めてみましょう。

服や化粧品、雑貨、本など、大まかなくくりで分けていきます。

いきなり収納のことを考えず、紙袋やケースを使ってざっくり分けてしまいましょう。

モノが増えがちな人ほど、何を持っているのか把握しきれず、使いもしない化粧品が大量に出てくる…なんてことが起こりがちです。

カテゴリ毎に分けられたら、次はいよいよ「いるもの・いないもの」を判断していきます。

買ったけれど一度も袖を通していない服や1年以上使用していないものなどは、思い切って処分することをおすすめします。

また、ありがちなのが「痩せたら着られる」洋服です。

これも、思い切って処分するほうがいいでしょう。

痩せたときに、そのときの自分に似合う服を買う方がハッピーなのではないでしょうか。

いる・いらないの判断を行う際は、あまりじっくり考えこまず、サクサク決断していきましょう。

「もったいないから」「まだ使うかもしれないから」と感じても、思い切って処分に踏み切りたいところです。

また、「捨てるのはもったいないから、メルカリやフリマで売ろう」というあなたも要注意。

お小遣いにはなるかもしれませんが、販売にはそれ相応の手間がかかります。

面倒くさがりの人の場合、結局また部屋に置いておいたまま…といったことにもなりがちなのです。

必要なものだけを残せたら、ようやくここから収納について考えていきます。

安易に新たな収納グッズを買わないこともモノを増やさないポイントです。

また、ケースにはぎゅうぎゅうに押し込まず、ゆとりをもたせて出し入れしやすい状況をキープしましょう。

モノの選別を極めた「ミニマリスト」の生き方

モノが溢れてしまいがちな私とは対照的に、モノを厳選してシンプルに暮らす人を「ミニマリスト」と呼びます。

ミニマリストの「持たない」に定義はありません。

文字通り家具すらほとんど置かないレベルの人もいれば、日用品のストックはある程度しているという人も。

どのくらい「持たない」ことを意識しているかはそれぞれですが、共通しているのは、自分にとって何が大切で、何を選び手元に残したいかを考えられていることでしょう。

ミニマリストとは、自分にとっての要不要の線引きができる人なのです。

モノの多さに悩んでしまいがちなら、思い切ってミニマリストを目指してみるのも良いかもしれませんね。

モノに振り回されるのではなく、きちんと管理できる生活は、メンタルにも良い影響を与えます。

まずは自分のできるところから、お部屋のすっきりを目指してみませんか?